07-067-362 狡兎三窟final逆引き四字熟語

保身に抜け目がない四字熟語

狡兎三窟(こうとさんくつ) の意味

人が身の安全のために、たくさんの避難場所やさまざまな策を用意するたとえ。難を逃れるのに巧みなたとえ。また、ずる賢い者は用心深く、抜かりなく困難から逃れる手段を用意しているたとえ。うさぎは三つの隠れ穴をもって危険から身を守る意から。「狡(こう)」はすばしこいこと。また、悪賢いこと。「窟(くつ)」は穴。

場面解説

研修医・斉藤は末期がんの患者・辻本のことで悩んでいた。すでに使用した抗がん剤は辻本には効かなかった。この先の治療として、唯一の望みは未承認の抗がん剤、TS-1を使うことだった。斉藤は辻本の治療にTS-1を使い、治療に向かってほしかった。しかし、辻本と夫はセカンドオピニオンを選んだ。落ちこむ斉藤に指導医・庄司は「これ以上の治療はあきらめろ」という。万が一、TS-1を使って、何か起きたら指導医である庄司が責任を取らなければならない。「保身のためではない」という言葉は、最終責任を指していた。

この場面のオリジナルはこちら-第67話 この輝ける世界 

 

【今日のコレ芝 2015年9月6日】-今日のコレ芝とは

シルバーウィークは東北へ!赤ちゃん連れで宮城・山形へのおでかけ、オススメ3選!

タグ: , , , , ↑上に戻る