67高歌放吟こうかほうぎん 熱唱の四字熟語

熱唱の四字熟語

高歌放吟(こうかほうぎん)の意味

意味や解説。あたりかまわず大きな声で詩歌などを歌うこと

研修医の斉藤は看護師の赤城カオリに年間250件以上の心臓外科手術を行う医師、北三郎(きたさぶろう)を紹介してもらう。夜中に尋ねる先は駅前のKというスナック。そこにいたのは、演歌を熱唱する北三郎だった。

場面解説

研修医の斉藤は看護師の赤城カオリに年間250件以上の心臓外科手術を行う医師、北三郎(きたさぶろう)を紹介してもらう。夜中に尋ねる先は駅前のKというスナック。そこにいたのは、演歌を熱唱する北三郎だった。深夜1時半をとっくに回っているというのに、時間も他の客のことも気にせず、自分の世界に没頭する北だった。
-第9話 北三郎-この場面のオリジナルはこちら

カラオケ大好きです

自分で言うのもなんですが、歌声には自信があります。高校時代は、周りの友人が大学進学のための受験勉強をしている中、毎日の様にカラオケボックスに行き一日4時間程度歌ってました。好きな歌は、その時に考えていたこととか状況を思い出すからいいですよね。未だに、パン職人時代や税理士試験の受験生時代によく高歌放吟(こうかほうぎん)していた歌は未だに過去の記憶を思い出さしてくれるから好きです。

タグ: , , ↑上に戻る